しまりすのミュージックワンダーランド

しまりすミュージックホール&ギャラリーから発信する
施設情報&講座情報の他、音楽や美術に関する事柄を中心に
見たこと、聞いたこと、発見したこと、楽しかった事などを語るブログです

グエル公園(バルセロナ1日目)

サグラダ・ファミリアに続き、行った先は 「グエル公園」
こちらも、ガウディの作。施主グエル伯爵とガウディの夢の分譲住宅地。自然と芸術に囲まれた、楽しく夢のある場所!

たとえば、こちら!

Gue-1


ベンチだけれど、ただのベンチでは無い!
背もたれのあたりが、色々な人間の色々な背中をかたどって、自分の背中と、ドンぴしゃな形の場所が、必ずあるというのです。私は、見つけたわけでは無いけれど、座り心地が良く、ニコニコして座っていました。

少し階下へ行くと、イベント会場のような場所。

Gue-2


海からの水平線が、まっすぐ続いているようにタイルを貼ったらしい! 難しい理論につき・・・次ぎ!

そこをさらに、階下へ降りると

Gue-3


オモシロイものがたくさん。 口から水を噴いている! そして、さらに下へ行くと、このような感じ!

Gue-4


で、嬉しくなって、この場所の近くにあるところで、ふざけた写真をパチリっ!

Gue-5


という午前中でした。午後は午後で、またまたガウディ三昧!
今度は、カサ・ミラ、という場所へ GO!! (次回へ続く)

サグラダ・ファミリア (バルセロナ1日目)

さぁ〜始まりました! バルセロナ観光!!!
まずは、午前中、バス市内観光です。『サグラダ・ファミリア』へ、いざっ!!!

バルセロナ観光の筆頭ではありますが、ガウディの作 『サグラダ・ファミリア』 は、私の最も訪れたい場所でした。そのため、朝からソワソワ・ワクワク・ドキドキです。

まずは、降りて圧巻っっっ!!!

Sag-1

20120313-AG


カメだっています!

Sag-8

Sag-2


そして、上を見上げると・・・

Sag-3


ぉぉおおおおおぉおぉぉ〜〜〜って感じっ (笑)

そして、中へ入ると・・・祭壇

Sag-4


天井を見上げると・・・

Sag-5


ウシロを振り向くと・・・

20120313-A


そして、神々しいステンドグラスからの光り・・・!!!

Sag-9


エレベーターで上まで登ると・・・こういう街並が見えたりする!

Sag-10


そして、定時になると鳴り響く轟音!すばらしい パイプ・オルガン の音色っ!!!

Sag-7


と興奮して、今日は、写真集 『サグラダ・ファミリア』特集 でした!
このあと、バスに再び乗り、行った先は やはりガウディの作った 『グエル公園』 です!
それは、次回をお楽しみに!!!

マヨルカ島とお別れの日

3月12日(月) 快晴!

連日、晴れて素晴らしすぎたお天気! この日は、15時集合まで、自由時間でした。
「マヨルカ島で、是非、ピアノを弾きたい」 という、レッスン生のSKさんのご要望におこたえするため、出発前から、スタジオ探しで大わらわ。
お世話になりっぱなしの学習会・音楽アカデミーのKKさんは、ネットを駆使して、調べまくって下さいました。(どうもありがとうございます!)
その素晴らしい成果により、1つだけ、グランドピアノの弾けるスタジオを見つけ出して下さったのです!

そのような経緯がありまして、10時〜12時まで、予約をしてあった楽器店へ行きました。
お店に入ると、見ず知らずの日本からの訪問者をとってもにこやかに迎えてくれました。

6階に連れて行ってくれました。 ありました!!!お部屋。グランドピアノ!!
写真を撮している私が、何故か、カガミに写っています。
20120312-AP


ものすご〜〜〜〜〜〜く、ボヨ〜ン&ボヨ〜ンのピアノに、ぎゃ〜!と、悲鳴をあげそうになりましたが、なんといっても、タダ!で貸して下さっているのです。これは、どんな恐ろしい音のするピアノであっても、弾けるだけ感謝しなければっ!という感じでした。

参加した「ピアノを弾く会」で弾いた4人は、さて、残りの時間、観光をどうするか?

フッフッフッ! また行ってしまいました!ヴァルデモサ!!!

乗せていってくれたタクシーの運転手さんが、英語OK!の方で、ずいぶん、ひょうきんでした!
数十分乗ると、ガケがそびえ立つのですが、その山を “モウンタイン” と言っている。
モウンタイン。何だろう〜〜と思っていたら、なんと、マウンテンでした!

で、私は、3度目のヴァルデモサ。
途中、カメラタイムを取ってくれました。

2012-0312-a


見学コースで重要なポイント 薬を調合する部屋。

2012-0312-d


ミロの作品もズラリ。

2012-0312-c


そして、ショパンの特別室!

2012-0312-b


外へ出ると、こういう感じ♪

2012-0312-e


で、その楽しかったマヨルカ島とも、いよいよ、お別れ・・・
毎日や希望のある、楽しい日々でした。ありがとう!マヨルカ島!!

そして、一路、夕方に、この飛行機でバルセロナへ!

2012-0312-g


まだまだ、元気な私たち!着いたその夜! 希望者を募って、フラメンコを観に出掛けました。
サングリアが美味しい〜! そのような中、フラメンコは始まりました。写真タイム中にパチリっ!

2012-0312-h


ホテルは、市内の中心部、ランブラス通り、という、とっても賑やかな場所にあるホテル。
Hotel Rivoli Ramblas
ほどよい疲れの中、新しく巡ってくる朝!に、乾杯。 やはり格別でした!

マヨルカ島の2日目(リサイタル当日)

3月11日(日)リサイタル当日は、1年前の『東日本大震災』が起こった、忘れられない日。
日本の14時46分は、マヨルカ島では、7時間の時差があるので、朝の6時46分になります。
当日は、6時過ぎに起きられるよう、目覚まし時計をセット。
・・・で、予定通り、その目覚まし時計に合わせて、目を覚ましました。

起きて何をしていたか、というと、フェイスブックのページを持っているのですが、その記事を書いていました。写真は、マヨルカ島の大きなカテドラルの祭壇写真にしました。

DCIM0023

祈る以外に、何も出来ない・・・と思い、でも、せめて、祈るという、たったひとつの出来る事をしようと、6時46分。この祭壇の写真に祈りを込めて、ジャストの時間に送信しました。
上部に写るキリスト像。写真が観にくいかもしれませんが、その周りに7角形の輪があり、それは、あの天才・ガウディの作で試作品だそうです。木で出来ている、というのですから、スゴイ、スゴイ!
さらに、割り切れない7角形にわざとした作品、という事でした。

さて、そのようにして迎えた朝。
リサイタルの、いよいよ当日だったりするのです。
またまた、ドカ〜〜〜ピンッ!に晴れまして・・・!!! 
DCIM0040
私だけ一足早く、、朝、ホール練習のために、8時30分に、アルフォーソさんに車で拾っていただき、いざっ!修道院へっ再びっ!!!

ホールで朝練ののち、12時15分。ツアー御一行様のプランになっていました修道院見学に合流〜!
建物の中を説明を受けながら、見学してまわりました。
13時に、修道院は、一般拝観終了・・・
ツアー御一行様は、まだ、拝観中〜〜〜。13時25分。まだ拝観中〜〜〜!
私は、確か、13時30分開演のリサイタルの筈・・・。
何故、ココに・・・???

大慌てで、舞台袖に行き、着替えを済ませ
(そのあたりは、経験上、ものすごい速さで準備が出来ます!)
あっという間に、第1部プログラムの気持ちに切り替え、皆さまがお席に着かれたのを見計らって、演奏を始めました。
la foto


そして、30分ほど、お庭に出ての軽食休憩。
晴れていましたが、あまりに高地にある街なので、寒かったようです。みんな、ブルブルしながら、冷たい飲み物をのんで、あっという間に、ホールのストーブの周りを囲んでいました。

で、そのような時間を挟んで、第2部ショパン・プログラムの演奏。

la foto3


全体は、このような感じにみえていたようです。

la foto2


演奏終了後、くるみの会ツアーの皆さまとステージでパチリ! ・・・をパチリ、してくださいました。
foto1

そのお写真を撮っていて下さったのは、アルフォーソさん!!!
20120311-1

マヨルカ生まれ、マヨルカ育ち、だそうです。
本当にお世話になりました (^^)  Gracias !!

で、最後に、一人で撮ってもらったのが、コレ。演奏後で、にこやかな一枚 (笑)
20120311


かくして、めでたし&めでたし。
終了したのは、16時ころ。17時過ぎに、パルマのホテルに帰ってまいりました。
夕食は、ガイドさんオススメの、カタルーニャ地方の地元らしい食事が食べられる、というお店に、全員でGO!  そこで病みつき・・・。私のモットモ食べたものが、コレ。
DCIM0052
エスカルゴ、ではなく、カタツムリ ・・・ (^^;)>
本来、こういうものは、あまり食さないのですが、2日間くらい煮込んで、ものすご〜く手間暇かけて作る逸品だということで、食べ始めたら、止まらない・・・・・・・・

そうして、マヨルカ島での、3月11日は、静かに過ぎて行きました。
いよいよ、翌日は、夕方、バルセロナに向けて出発です。

マヨルカ島の1日目(午後の巻)

さて・・・マヨルカ島の1日目。午前の観光を終えて、初めてのお昼ご飯。

それぞれ、勝手に(笑)お食事へ。
といっても、まとまって、4〜5名のグループに分かれつつ、同じお店へ行きました。
イカスミのパエリア。野菜サラダ。魚介のピッザなどを皆で分け合いつつ、おいしく満腹に!
私は、北海道からご参加下さいました3人衆とともに、お食事をしました (^^)

食事を終えると、私は一人、リハーサルがあるため、置いてけぼり・・・
ツアー御一行様は、バスに乗り込み、続きの観光を始めました。午後は観光の目玉っ!
『ドラック洞窟』 
ちなみに、ドラゴン洞窟、という意味だそうです。

その近くには、こ〜んな素晴らしい地中海が広がっていたそうで・・・
0310-g


『ドラック洞窟』は、神秘の世界が、暗く美しく、素晴らしかったそうです。
写真が手元にないので、下の写真は、観光案内によく掲載される写真です。
ここは、大人気のスポットの1つで、鍾乳洞の中では音楽会も聴けたとか。
majorca-cavesofdrach-lake-martell-best



私は・・・といえば、まず、ホテルに楽譜を取りに戻りました。
・・・・・が、急に思い立ち、突然バスに乗り、一路『ミロ美術館』へ!!!

知らない土地で、まったくスペイン語もわからないのに、それに、バスの乗り方、降り方、降りるバス停もあやふやな中、バスに乗るなんて、我ながら、すごい度胸です。
で、ちゃんと目的地に着くからスゴイッ!
『ミロ美術館』入り口。
0310-a

入り口から後ろを振り返ると・・・
0310-b

みごとな青空っ!
で、ミロの作品。1つだけ写真に撮りました。
この作品。へ音記号や音符がアレンジされていて、カワイイ!!
ミロはその他にも、この類の作品がいくつかあり、あぁ、この人はきっと音楽好きなんだなぁ〜〜〜! 愛着が湧いて、つい、シャッターを押してしまった、というわけです。
DCIM0032


帰りのバスは、確かめて乗りました。

のに・・・・・・・・思った場所に着かない・・・。
降りて、タクシーに乗らないと、リハーサルに間に合いません!
これはまずいっ!と、慌てて降りた場所には、まったくタクシーなど、おりません!
リハーサルは、16時から。リサイタル会場でもある、ヴァルデモサ、という街の「カルトゥハ修道院」

私は、市内のどこかわからない場所でバスを降りて、放浪者 (~~;)/
時はすでに、16時20分。
覚悟を決めて、カルトゥハ修道院に、電話をすることにしました。
必死に英語で伝えると、なんだか判ってくれたような。くれないような。・・・も、わからないような。

やっと見つけたタクシーに飛び乗り、約30分かかって、ヴァルデモサに到着。
すると、遅れた私をちゃんと迎えてくれました。素晴らしい〜〜〜。感激でした。

かくして、私のリハーサルは始まりました。
ピアノは、さすが、世界のヤマハっ!

0310-d

0310-e


舞台の上からは、このように見えます。
0310-c

細いながらも、窓の外。ショパンの滞在した街・ヴァルデモサ。
DCIM0036


19時15分。練習を終えて、修道院を見上げると、お星さま!
DCIM0039


帰りの足が無い!(考えていなかった、というのが本当の所)
そんな私を、修道院を管理され、リサイタルの場所もご提供下さいましたアルフォーソさんが、車で市内まで送って下さることになり、無事に、ホテルに戻りました。

20時30分。全員で、ウェルカム・ディナー!!!
3月10日。ツアー御一行様の一人が、ジャストの誕生日。丑年。
何故か、偶然、ウシの写真が、壁いっぱいに飾られているレストランでのお食事でした。
皆で、バースデーをお祝いし、とっても和やかな、素敵なパーティーとなりました。

かくして、楽しい1日目が終わりました。ホッとしながら、グッスリ睡眠。

マヨルカ島の1日目(午前の巻)

3月10日(土) 午前中はマヨルカ島の市内観光

前日の23時頃、ツアー御一行様は、マヨルカ島に無事、到着。
飛行機を乗り継ぎ乗り継ぎ、やっと着きました。
途中、乗り換えのために降り立ったバルセロナ空港は、近代的で、あまりにも綺麗でビックリ!・・・そこでは、フライトまで時間があったので、喫茶店に集合し、自己紹介などして待ち時間を過ごしました。

さ。朝です。
こちらは、ホテル402号室から見た、マヨルカ島で迎える最初の朝!

20120310-1

20120310-2


美味しく、朝ご飯を食べて、いざ、出発!
最初の訪問先は、スペインで、3番目に大きい、という カテドラル(大聖堂) へ!
20120310-3

ステンドグラスから差し込む光が、虹色で素晴らしく、神々しさを感じました。
20120310-4


次なる訪問先は、カテドラルに隣接する「王宮」でした。
その庭で、ガイド・ふくさかさんのお話を熱心に聞く筆者たち・・・ (^^;)>
20120310-5


途中の道では、馬とか、人とか・・・ いろいろなものに出会いました。
20120310-6

20120310-7

20120310-8


それを喜んでいる筆者!カテドラルをバックにパチリ!!!
20120310-9


その後、筆者は、ツアーの方々から離脱し、一人、別行動となりました。
ツアーの皆さんは、午後、ものっっっすごく良い場所へ、バスで向かわれました。
旅の計画をしたときに、一番行きたかった場所としてリクエストしていたのですが・・・リハーサルが大事!それゆえ、泣く泣く、諦めたのでした。(という裏話あり!)

それでは、続きは、また次回へ。

まずは空から・・・5

f484bae8.jpg旅のはじまり(Act 1)

3月9日(金)8時集合
成田空港第1ターミナルに集合いたしました。

いの一番に主催者がいないことにはっ!
と意気込み、今回のツアーで、私は『成田東武エアポート』というホテルに前泊までして備えました! 8日の夜、自家用車を運転し、成田へ向かい、23時30分頃、予定通り無事到着!

ということで、9日も順調に行くはずが・・・
美味しく朝食もいただき、7時にホテルから出る送迎用リムジンバスに乗り、意気揚々と出発したものの・・・ありっ???

なんとなんと、降りるターミナルを間違えて・・・ (^^;)/
第2に行ってしまった!!!
・・・慌てて、第1に戻ろうとしても、そう簡単に循環バスが来る筈も無く、結局、なんやかやと時間が経ち、結局、7時45分、集合場所に到着!

ツアーご参加の皆さん、ほとんどいらしていて、私はほとんど最後・・・ (*_*)

かくして、珍道中は始まりました。
写真は、ルフトハンザからバルセロナに飛行中に撮りました。
スイスのアルプスが、延々と拡がり、思わずシャッターを押したものです。
たいへんよく晴れました。

旅行中は、あまりにも晴れて、嬉しくなりました。
ここからの日々は、全部、青空だったのです。

ワンダフルミュージックツアー in スペイン5

6e60f996.jpg3月9日(金)から16日(金)までの八日間。
スペインは、マヨルカ島とバルセロナに行ってまいりました!

第3回くるみの会
ワンダフルミュージックツアー in スペイン

というオリジナルツアーで、私を含め、総勢20名での旅行です。
ショパンを巡るたび、というテーマの第二弾でもありました。

3月11日(日)13時30分開演 カルトゥハ修道院
ピアノ・ソロリサイタル

が大きな目的を持っていたのです。
ショパンとジョルジュ・サンドが、駆け落ち同然でマヨルカ島に行き
結核(肺がん、という説も無きにしも非ず)と診断され
いわば、死の宣告を受けた場所、とも言える場所での演奏会。

ショパンは、何を観て、何を感じ、どういう曲をこの地で書いたのか・・・
それを感じる旅でした。

3月11日は、東日本大震災の日でもあり、14時46分。
スペインは、朝の6時46分。日本の方向へ向かって黙祷を捧げました。

ここ数回にわけて、そのたびのご報告をおおくりしたいと思います (^^)/

行ってまいります!5

9a977c4a.bmp3月9日〜16日
『第3回くるみの会 ワンダフルミュージックツアー』

スペインのバルセロナからほど近い島「マヨルカ島」
こちらでのピアノリサイタルのため、いよいよ出発!!

2012年3月11日(日)13時30分開演 カルトゥハ修道院
『Atsuko Yamaguchi Piano Recital』

にのぞみます。
震災より丁度一年。祈りをこめて、ピアノを奏でてまいります。

おみやげ“話”たくさん持ち帰れるように、頑張ります!!!

23日と26日は演奏週間スペシャル!

◆しまりすミュージックホール&ギャラリー情報◆

◎明日より開催!◎
今月の演奏週間は2公演のみとなりますが、新たな試みの第1回として“スペシャル”でおおくりいたします。

♪スペシャルについて♪
しまりすで、2012年にスタートさせる新企画です。
スペシャルでは、休憩を挟んだ2部構成の演奏会がおこなわれ、その休憩中には、ギャラリーにて、作品展示もお楽しみいただけるようになります。

★2月23日(木)14:30 演奏週間スペシャル『うたの玉手箱』
 《出演》村谷祥子(Sop)・辻端幹彦(Ten)・山口昌子(Pf)
 《聴き所》
  ・三者でお贈りする、楽しいうた公演!
  ・日本の美を感じさせる歌曲の数々を中心に
   名曲、イタリアのカンツォーネ、オペラアリアなど盛りだくさん!

★2月29日(日)14:30 演奏週間スペシャル『マヨルカ公演@予行練習』 
 《出演》山口昌子(Pf)
 《聴き所》
  ・海外公演前のドキドキ・リハーサル

★ギャラリー今回の展示『日本の美』

23日(木)の『うたの玉手箱』公演内容に合わせて、日本文化を垣間見られる『日本の美』をおおくりいたします。
王侯貴族の頃を彷彿とさせる「十二単」のミニチュア版の展示の他、実際の1/6の大きさに描かれた「百人一首かるた」など、日本文化の繊細かつ美的感覚をご紹介。源氏物語や平家物語を題材にした、山口昌子のウッドバーニング作品も飾られます。

お時間がございましたら、ぜひ、ご来場下さいませ。

【ご入場】
ご予約・しまりす各種カードご持参の方:大人2,000円/小中学生1,000円
ご予約無し:大人2,500円/小中学生1,500円

【ご予約】ミュージックワンダーランド
shimaris@shimaris.com

ということで、ただいま準備に追われながらも、備えて頑張っております。
お時間がございましたら、ぜひ、お越し下さい。お待ちしております!!

18日間ぶり!3

またまた、決意も崩れ、ブログの更新がオロソカになりました
18日ぶりです。
その間、無事、4日(土)は発表会がおこなわれ、5日(日)はコーラスが無事、歌い終え、6日(月)は雨降る寒い中、16時30分のトワイライトコンサートを気持ち良く終えることが出来ました。
が、全部、写真が手元にありません・・・

そこでっ!!!

11日(土)に、山口家代々約30年間お世話になっているドコモさんのショップへ行き、携帯電話をスマートフォンに替えてきました。

来月、スペインに行くにあたり、パソコンを持参しなくても良いようにしたい、という理由もあり(持っていくかもしれないが)、それには、ネットもメールもスルスル使えるスマホが便利、と考えたわけです。
しかしながら、モノだけあっても、使い慣れていないとなんの役にも立たない!・・・ということで、早めのチェンジをしたのでした。
携帯電話で連絡を取り合うにも、練習が必須?!だし・・・
おかげさまで、今や、アラームも普通に使えるようになりました(笑)

写真が綺麗なのと操作が良いのと文字が好みっ、という3点が揃ったスマホ。
パナソニックのルミックス P02D、というタイプにしました。もう、すっかりお気に入り。

とはいえ、それから一週間経つのに、まだ、写真は1枚も撮っておりません。
早く実験しないとっ!と思うわけですが・・・。
次回のブログは、スマホで撮した写真を載せられるよう、トライしてみるつもりです!! 

今週末4日「レッスン生コンサート」開催!4

今週末は、いよいよ、レッスン生によるコンサート
『鍵盤音楽史を辿る(たどる)』
の開催です。

場所も、青葉台のフィリアホール! 2月4日(土)13時〜17時です!!
意気込んでいます!
この日に備え、去年から3回も、しまりすミュージックホールを使って、リハーサルをしてきました。なんと言っても、前代未聞の企画モノ!!!
他では、まず聴けません!!!
発表会なのに、練習成果を発表するだけでは、足りない!!!ということで、さらに、聴いてくださる方にも、何か1つ、プラスをお持ち帰りいただけたら・・・という思いで、思いきって、歴史を追うことにいたしました。

ざっと順番にあげると、以下のようになります。過去から現代にさかのぼって、鍵盤史上、大事&重要な作曲家の曲を順番に演奏していきます。この作曲家の作品は全部!聴けます!!!
・・・以下、レッスン生&講師の総勢23名で、大小さまざま48曲を奏でます。

【第1部】・・・バロックから古典
 クープラン
 スカルラッティ
 J.S.バッハ
 ヘンデル
 C.F.E.バッハ
 ハイドン
 モーツァルト
 ベートーヴェン
 ウェーバー

【第2部】・・・古典からロマン
 チェルニー
 シューベルト
 メンデルスゾーン
 シューマン
 ショパン
 リスト
 フランク
 ブラームス

【第3部】・・・ロマンから近代
 サン=サーンス
 ムソルグスキー
 チャイコフスキー
 ドヴォルザーク
 グリーグ
 フォーレ
 アルベニス
 マクダウェル
 ドビュッシー
 シベリウス
 サティ
 グラナドス
 スクリャービン
 ラフマニノフ

【第4部】・・・近代から現代
 ラヴェル
 バルトーク
 ヴィラ=ロボス
 プロコフィエフ
 ガーシュイン
 プーランク
 ハチャトゥリャン
 カバレフスキー
 ショスタコーヴィチ
 メシアン

私はそのうち4曲を予定しております(皆は2曲です。欠席者がいたので、私はその分を担当するので4曲となりました!)。担当の作曲家は、スカルラッティ、マクダウェル、ラヴェル、バルトークです。
この担当する作曲家は、すべて、幼稚園生から大人まで、トレード一切無し!の、お楽しみ抽選会で決定〜〜!

かなり良い感じで皆、頑張っています。本当によく頑張っています!!!
なので、熱演&為になる音楽史、の両方がお楽しみいただけます。

ぜひ、予定をされて、駆けつけてください。お待ちしております!!!

旧正月を境に・・・4

c6012ad0.jpg久しぶりの更新です。
本日、東京も神奈川も雪景色。降り止みましたが、凍結がっ!という事で、滑らないように!足を踏ん張って参りましょう〜!

・・・ということで、新年は、1月14日(土)『しまりすニューイヤースペシャルコンサート 2012』で、コンサートが始まりました。
超有名な小品の数々など、しまりすサイズならでは、の曲も、たくさん弾かせていただきました。「エリーゼのために」「乙女の祈り」なども含め、2012年なので、12曲(笑)・・・写真もこの日のものです。

さて、その後は、会報誌の取材(3月発行の川崎商工会議所・会報誌に載せてくださるそうです!)や、各種合わせ、ワンダーランドピアノ発表会のリハーサルに追われました。なぜ、追われたか・・・!
ジャン。

旧正月(23日)明けて、本日24日から、怒濤の本番ぜめっ。始まります。
お時間がございましたら、どこかで是非、お目にかかりましょう〜!!!
(詳しいご案内は、いつでも、投稿等でお尋ねください)

●24日(火)14時 ミューザ川崎市民交流室
 「川崎市民アカデミー」
    レクチャー(ソプラノ村谷さん、テノール辻端さんと共に)
●27日(金)19時 すみだトリフォニー小ホール
 「ニューイヤーガラコンサート」 チケット:2,500円
    ソロ演奏(ベートーヴェン「悲愴」※変更しました)
●29日(日)13時30分 サントリーホール・ブルーローズ
 「エクセレントアーティストシリーズ」 チケット:3,500円
    ピアノ伴奏(メゾソプラノ岩井奈美さんと共に)

そして2月は・・・3日間連続で色々出ます!

●4日(土)13時 青葉台フィリアホール
 ミュージックワンダーランド発表会「鍵盤音楽史をたどる」 (入場無料)
    ピアノレッスン生によるコンサート
    コレはオススメ。スゴイです!企画モノ! 鍵盤音楽史350年がわかる!?
●5日(日)18時過ぎ 麻生市民館大ホール
 「コーラル・フェスト」 (入場無料)
    コーロモナミ出演(指揮をします)
●6日(月)16時30分 麻生区役所ロビー
 「トワイライト・コンサート」 (入場無料 30分のコンサート)
    ロビーコンサート(ソプラノ村谷さん、テノール辻端さんと共に)


さらに、お知らせです。
今月、リニューアルした『しまりすギャラリー』では、25日〜29日まで
「服部三郎 油絵個展」が開催されます(10時〜16時)
服部三郎さんのアトリエは、しまりすの高台側のお隣なのです。超〜ご近所(笑)

【服部三郎氏プロフィール】
 
1990年 三菱化成株式会社退任後、趣味の油絵をはじめる。
1998年 川崎市美術展初入選
1999年 一水会展初入選。現在まで毎年同会展入選

日本各地の名建築を題材にして、穏やかで柔らかい色調、端正な筆致で作品を仕上げられています。風景画 静物画など大作を含めた10数点をごゆっくりお楽しみいただけます。ちなみに、山口昌子演奏中がモデルとなった、大きな30号の作品もご覧いただけます!!


インフルエンザなども流行っているそうです。
どうぞ、皆さま。お元気にお過ごしください。元気がイチバン!!!

新年会&仕事始め!4

1月は3日(火)から連日、しまりすミュージックホールやレッスン室は

『第13回 ショパン国際ピアノコンクール in ASIA』

の全国大会出場者の方々で、賑わっております。
早いときには朝7時から、遅いときは21時30分まで。スゴイです!
将来、音楽家になるかたがたが、競い合って腕を磨いている姿には、感動いたします。

そのような中、6日は、お昼に新年会。夜は今年の仕事始めで、川崎駅前カルチャースクールのウッドバーニング講座のため、川崎日航ホテルに行きました。
今年もいよいよ始まった!・・・という感じで、気合いも満ちて参りました!!

2012年は・・・

3月11日に、スペインのマヨルカ島「カルトゥハ修道院」で、無謀なる(!)ピアノ・ソロ・リサイタル!!
(あんな恵まれた場所で出来るのは、きっと一生に一度でしょう!)
10月11日には、盆啓男先生(指揮)率いるバルカン室内管弦楽団の来日にあわせ、目黒パーシモンホールで、ピアノ協奏曲を弾かせていただける事になっております!!

海外の素晴らしい音楽家との共演も含め、世界へと常に目を向けて、向上心豊かに取り組み、いつでも、生きた音楽を気持ち良く奏でていけますよう、頑張っていきたいと思っております。

1つ1つ、心をこめて堅実にっ! ・・・それが、今年の目標です!!! (^^)

謹賀新年5

fd6e25ee.jpg2012年
明けましておめでとうございます。
今年が皆さまにとりまして、明るい気持ちでいられる一年間でありますよう、心よりお祈り申し上げます。

・・・新年早々ですが、ほとんど不眠不休で、年末の3日間を過ごした疲れがどっと出たのか、明けて元旦は朝からずっと体調悪く、腹痛と身体の痛みで、ずっと床に伏せておりました。
明けて2日目も、復活出来ず、まだ、起き上がれずにおりました。
が、ようやく、つい数時間前から、毒気が抜けたように食欲も復活し、気力も戻って参りました。
年賀状もお送りできず、メールもブログもホームページも、すべて出遅れてしまっておりますが、3日より、しまりすミュージックホールは、貸出業務が開始されますので、それを新年のスタートとして、壬辰年を邁進したいと存じます。

そのようなわけで、遅ればせながら、本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

Merry Christmas!!4

26623fd3.jpgブログの更新。
月初めの誓いはどこへ・・・
ということになってしまいました(反省)

「ちょいといっぱいのつもりで飲んで〜」と似た感じで
ギャラリー・リフォームの勢いにあやかって、他の場所も入れ替えたりしているうちに
掃除のドツボにはまり・・・
ハンパじゃない大作業となりました。約1ヶ月、普段に追われつつも、時間を見つけては
せっせ、せっせ、とゴミ出し。大幅な部屋のレイアウト変え。
合計4部屋のうち、3部屋が終わって、あと1部屋です!

そのような状況の中でありましたので、告知がずいぶん遅くなりましたが・・・
ただいま、毎年恒例の「しまりすアートクラブ作品展」開催中です!!!

クリスマス・イヴ&クリスマス(12月24日&25日 10時〜16時 しまりすギャラリー)
残り、この2日間。
両日、朝11時から、45分間の「クリスマス・スペシャル・コンサート」もございます。

ぜひ、お時間をみつけて、ご来館下さいませ。

11月が過ぎ、12月!5

たいへんご無沙汰をしてしまいました!
先日、友人からのメールに「最近ブログの更新がないですね」という一文が・・・!!
11月。見てみると・・・ナイっ!記事、書いていないっ!

思い返すと、本当に色々とあった11月。
前半は、HOSHI FAMILY の貴重な重要な、社会に訴えている大事なメッセージが詰まった『頑張るどうぶつたち写真展』と、その写真展にいらした方々が、さらに、心にその事を音と共に思い出していただけたら・・・と思い、同時開催させていただきました『頑張るどうぶつたち応援コンサート』をしまりすミュージックホール&ギャラリーで開催いたしました。
コンサートには、チャリティーで、たくさんの音楽家の方々が演奏して下さいました。
池田美奈子さん、松下宏美さん、コンチェルト・アマービレさん、伊藤千賀子さん、岡本美喜子さん、アッシュ・グローブさん、玉木美帆さん、風祭東さん、高橋全さん。どうもありがとうございました。

(コンサートの様子)


後半は、しまりすギャラリー改装にともなって、さまざまなお部屋に手を入れ始めました。すると・・・やってもやっても、やることが・・・。長年の誇り、でなく、チリ&ホコリ。ゴミ。大量のビデオやカセット、使えなくなっていたパソコンやスピーカー、電子機器。大きな物から小さな物まで、引っ越し騒ぎほどの大量のものを移動したり、リサイクルしたり、ゴミにしたり。(まだ、終わりません!)

そうこうしている間に、12月がやって来ました!
今日(7日)と明後日(9日)は、私も出番の、しまりすミュージックホールでのトリオコンサートです。
9日のほうは、ベーゼンドルファー・ジャパンの関係者の方々が、ウィーンから来日中の方と共に、いらして下さるとの御連絡があり、何故だか動揺したり、焦ったりしております(笑)

12月は、今年のうさぎ年しめくくりでもありますし、ブログも頻繁に更新して、盛り上がったまま、来年の辰年に繋げたい!と思います。
毎度、駄文で恐縮ですが、これからも、ご覧いただけましたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。

大阪でベーゼンのフルコン!5

15cfc28d.jpg先日、大阪に行って来ました。
久しぶりです。何年ぶりでしょう・・・。地下鉄は同じ感じでしたが、最初に降りた『西梅田』駅には、テクノシティというか・・・とっっても綺麗な大きいビルがそびえ立ち、ビックリ仰天しました。

くるみの会の「ワンダフルミュージックツアー!海外編」でお世話になっている学習会とアークスリー・インターナショナルへご挨拶。
15年以上も前からお世話になっているにも関わらず、初めてお目にかかったのです。Kさん。社長さんにもお目通りがかないました。

社長さんと少したっぷり、お話をさせていただき、その後、オススメのたこ焼き屋さん!に、Kさんと、アークスリーのKさんが連れて行って下さいました。

おっ!面白い!自分で焼いて良い「たこ焼き屋」さん。とっても楽しいひととき!

たこ焼きを食べに行ったのか、打ち合わせと顔合わせに行ったのか、さっぱりわかりませんが、お二人としばし、とっても楽しい時間を過ごしました。

そして、その後、向かった先は、ピアノのショールーム。
購入に行ったのでは無く、練習です。
B-tech JAPAN という、かつてのベーゼンドルファーを支えて来られた調律の方々が、やがて独立し、メンテナンスを含め、ピアノを観て下っているのですが、今回は、その会社の大阪ショールームに、初めておじゃまいたしました。

すると・・・
そこには、ベーゼンのフルコンがっ!

使わせて下さる、とのことで、幸せいっぱい!!!
たっぷり2時間。響きの深い、とっても惹きやすいベーゼンで、楽しく練習がしてこれました。

夜まで大阪をビッチリ楽しく過ごし、大急ぎで帰宅。
あっという間でしたが、一日、堪能できました。

帰ると、しまりすギャラリーの改修工事が進んでいました。
おぉっ!という感激で、睡眠不足も旅の移動疲れも吹っ飛びました!!!
改修工事は、29日に完成予定です!!!

ウィハン弦楽四重奏団との演奏会5

7af8b292.jpg10月9日(日)14時30分開演
横浜みなとみらいホール・小ホール
にておこなわれました演奏会が無事、終了いたしました。

無事というか、私としては、かなりの有事もありましたが
終わってしまったので、仕方が無い!
・・・と、毎回、同じ事を書いているような・・・ 

しかしながら、お客様には、本当に楽しんでいただけたようで嬉しかったです。
今回は、ずいぶん大勢いらして下さり、約200名の方が聴いて下さいました。

写真は、演奏会後。
譜めくりをしてくれた祐子ちゃんも一緒にパチリ。

ウィハンのメンバーの方々と、本番は演奏をしながらコミュニケーションがとれて
アンサンブルの良さ、楽しさをあらためて感じました。
2楽章などは、チェロのアレシュさんととても楽しくコンタクトが取れました。
ヴィオラのイジィーさんは、アドヴァイスをたくさん下さって
演奏後は本当に喜んで下さいました。
ファーストのレオシュさんは、楽章がおわるたびに、ウィンクしてくれました!
セカンドのヤンさんは、背中でわからなかった!!(笑)

今度は、シューマンをやらないか?みたいに言われたので
英語がトンチンカンで適当なワタシは、やりたい、という事をうまく
伝えられなかったような気がしますが、次があるならば、シューマン!です。

みなとみらいのベーゼンは、本当に使いやすく、良い音が出せました。
調律は友野さんなので、もう、安心してオマカセでした。

9月のゴロホフさんに続き、ウィハンさん達との演奏会も、難曲中の難曲で
いつも、毎日、夜通しの練習。
しばらく、まともに布団に入っていなかったので
今日は、これからゆっくり久しぶりに休もうか・・・と思ったのですが、どうも
なんだか、ハイテンションが続き(?!)目がランランとして
ブログを書くに至りました 

次回にのぞむ難曲はピアノ曲で、フランクの「プレリュード・コラール・フーガ」
これがまた、難しいのですが、良い曲なのです。
暗譜が思い切りたいへんなので、今のうちから頑張らないと!
本番は、12月です。きっと、あっという間に来るので
今日からまた寝ないで練習か?と思うと、とっても恐怖です・・・ 

10月4日「ワールド・アニマル・デー」4

dbe9e9c9.jpg10月4日「ワールド・アニマル・デー」

昨日、しまりすミュージックホールで
12個の小さな蝋燭と、ヴェネチアグラス?に入った蝋燭に、灯をともし
亡き動物たちのために、哀悼の意をこめて、ピアノを奏でました。

来年は、もっとたくさんのキャンドルが並んで、お客様がキャンドルを灯してくださることでしょう。晴れていて風が無ければ、庭にも灯るように、キャンドル・ナイト・・・です。きっと!
そして、その中を通り抜けると、コンサート・・・

「動物たち、どうもありがとう」コンサートです

来年が楽しみです。 
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ