しまりすのミュージックワンダーランド

しまりすミュージックホール&ギャラリーから発信する
施設情報&講座情報の他、音楽や美術に関する事柄を中心に
見たこと、聞いたこと、発見したこと、楽しかった事などを語るブログです

ピアノ奮闘記

8月27日(日)久保肇さんと共に

こんにちは!!
たいへんご無沙汰をしてしまいました。
そうこうしているうちに、真夏です!!
真夏と言えば、コンサート!! コンサートと言えば・・・

しまりすミュージックホール 2017年8月27日(日)17時30分開演
『久保肇さんと共に』

2017-0827-BM


回を重ねるごと、演奏もプログラム内容もレベルアップされ、どんどんと新たな美しいサウンドが生まれて来ています。
はじめての方も、一度こられている方も、いつもいらして下さるかたも、それぞれ違った楽しみ方ができるコンサートです。ぜひ、どうぞいらして下さいませ。

お待ちしております!!!!!

ris-24

大きな声では言えませんが・・・

ずいぶんお久しぶりになってしまいました。
しまりすミュージックホールも、しまりすギャラリーも、もろもろ、おかげさまで日々元気に秋を迎えております。

そのような中、こっそりお知らせがございます。
近々の土曜日、12日。つまりは明日。

たいへん恐るべき事に、なんとっ!
ジャズ・ライブのピアニストとしてのポジションで、ワタクシ・山口昌子(あつこ)、ピアノを弾くことになりました。(^◇^;)

さらに、恐るべき事に、デビュー先は・・・自由が丘マッカートニーです。
11月12日(土) Michiko バンド=2ステージ目(20時30分〜21時30分)に出演いたします。

ボーカル:Michiko。 バンドの編成は、サクソフォン・ピアノ・ベース・ドラムのカルテットです。
人生経験の浅さとも比べようのない、ジャズ経験の浅さは、自慢できるほど!!
どこまで出来るのか、考えられないくらい見通しのきかない状態で途方に暮れておりますが、せっかく、望まれて出演をすることになりましたからには、ジャズ・ピアニストになりきって(笑)、嬉しいデビューを飾りたいと思っております。

すでに、ご予約はいっぱいのようですが、とり急ぎ、ご案内をさせていただきました。

20160927-s-02



その翌日にあたる 11月13日(日)は、しまりすミュージックホールにて、スペシャル・ライブ ♪
『ギタリスト 久保肇さんを迎えて』
と題した、久保肇&山口昌子のデュオ・コンサートが、17時30分よりおこなわれます!!!

20160927-s-04

こちらは、とてつもなく大きな声で(笑)ご案内をいたしております。
お時間がございましたら、ぜひ、いらして下さいませ!!!

ブログを見た!と受付でおっしゃっていただけましたら、ご予約の先着10名さまにプレゼントの「しまりすカレンダー2017版」と同じものをプレゼントさせていただきます〜〜!!!

Cal2017


お待ちしております〜〜!!!
ris-12


『しまりすニコニコ3Days』始まり始まり〜!

本日より、しまりすミュージックホールでは、待望の(笑)『ニコニコ3Days』が始まります!

今回は、久しぶり感が強いですが、クラシック音楽のピアノ・ソロコンサートです。
お時間がございましたら、是非、いらして下さいませ。
お待ちしております!!!

------------
『しまりすミュージックホール ニコニコ3Days』

2016年7月26日(火) 15時10分開場/15時30分開演
2016年7月27日(水) 15時10分開場/15時30分開演
2016年7月28日(木) 15時10分開場/15時30分開演

出演:山口昌子 Atsuko Yamaguchi(ピアノ)
ご入場:2,000円(小中学生 1,000円)
http://shimaris.com/mconcert/JPinfo0.htm
------------

お電話:
044-988-9188(ミュージックワンダーランド)
http://www.shimaris.com/

エレキギター!イェ〜ぃ!!!

今日は 『しまりすニコニコサンデースペシャル』 開催日!

20160529-m


久保肇さんの演奏は、あまりに鮮やかで、美しく、刺激的です。

CD「青い月」コーナー、ザ・ビートルズコーナー、そして
ラテンやクラシック音楽など様々なジャンルを集めたコーナーの3部構成。

まだ間に合います!
お席もまだございます!!

お待ちしております〜〜〜!!!

HK-6m


しまりすミュージックホール(川崎市麻生区王禅寺東3-38-24)
17時10分開場/17時30分開演
出演:久保 肇(エレキギター)&山口昌子(ピアノ)
ご入場:大人 3,000円/小中学生 1,500円

【お問い合わせ】
ミュージックワンダーランド 044-988-9188
http://www.shimaris.com/

音楽喫茶(5月17日)

今日の午後は、年に4回ほど担当している『音楽喫茶』のお仕事です。

Onmachi-35

今年度は、5月と、9月、11月、来年3月の4回が決まっていて、いずれも、第3金曜日 14:00〜16:00
場所は、武蔵中原から歩いて2分の 「コーヒースポット・ライフ」 という喫茶店。
ここは普段も、夜は、ジャズライブなどがおこなわれているそうです。

さて、で、何をするかというと、この催し物のナビゲーターとして、ご参加の方々と一緒に歌ったり、ピアノで伴奏を弾いたり、曲の背景などについて少しお話をしたり、という進行役を務めます。途中、とっても美味しいコーヒーとケーキが振る舞われ、和やかなムードで、午後の時間が過ぎてゆきます。

童謡から歌謡曲まで含んだ和洋折衷〜!の歌集(野ばら社発行)があり、その限られた一冊の歌集の中から、本日歌うために私の選んだ曲は、以下のものです。

1 鯉のぼり
2 かあさんの歌
3 この道
4 おうまの親子
5 七つの子
6 しゃぼん玉
7 故郷
8 五木の子守歌
9 あんたがたどこさ
10 さとうきび畑
11 おさるのかごや
12 箱根八里
13 炭坑節
14 知床旅情

〜ナビゲーターによるお楽しみコーナー〜
ショパン/マズルカ 作品7-1 変ロ長調 (ピアノ独奏)

15 夏の思い出
16 茶摘
17 遠くへ行きたい
18 汽車
19 線路は続くよどこまでも
20 森へ行きましょう
21 ピクニック
22 山男の歌
23 お嫁においで
24 ここに幸あり
25 愛の喜び
26 瀬戸の花嫁
27 世界は二人のために

何でもありっ!という感じで、本日も、ご参加の皆さまと大いに盛り上がって来たいと思います。
今このことを知り、今すぐ参加したい!という方も、たぶん大丈夫です。ケーキは少し余分にあるはず!(笑)

【お問合せ】 044−813−1550  市民文化パートナーシップかわさき事務局

・・・それはともかく、早く寝なくちゃ! (笑)

行ってまいります!5

9a977c4a.bmp3月9日〜16日
『第3回くるみの会 ワンダフルミュージックツアー』

スペインのバルセロナからほど近い島「マヨルカ島」
こちらでのピアノリサイタルのため、いよいよ出発!!

2012年3月11日(日)13時30分開演 カルトゥハ修道院
『Atsuko Yamaguchi Piano Recital』

にのぞみます。
震災より丁度一年。祈りをこめて、ピアノを奏でてまいります。

おみやげ“話”たくさん持ち帰れるように、頑張ります!!!

ウィハン弦楽四重奏団との演奏会5

7af8b292.jpg10月9日(日)14時30分開演
横浜みなとみらいホール・小ホール
にておこなわれました演奏会が無事、終了いたしました。

無事というか、私としては、かなりの有事もありましたが
終わってしまったので、仕方が無い!
・・・と、毎回、同じ事を書いているような・・・ 

しかしながら、お客様には、本当に楽しんでいただけたようで嬉しかったです。
今回は、ずいぶん大勢いらして下さり、約200名の方が聴いて下さいました。

写真は、演奏会後。
譜めくりをしてくれた祐子ちゃんも一緒にパチリ。

ウィハンのメンバーの方々と、本番は演奏をしながらコミュニケーションがとれて
アンサンブルの良さ、楽しさをあらためて感じました。
2楽章などは、チェロのアレシュさんととても楽しくコンタクトが取れました。
ヴィオラのイジィーさんは、アドヴァイスをたくさん下さって
演奏後は本当に喜んで下さいました。
ファーストのレオシュさんは、楽章がおわるたびに、ウィンクしてくれました!
セカンドのヤンさんは、背中でわからなかった!!(笑)

今度は、シューマンをやらないか?みたいに言われたので
英語がトンチンカンで適当なワタシは、やりたい、という事をうまく
伝えられなかったような気がしますが、次があるならば、シューマン!です。

みなとみらいのベーゼンは、本当に使いやすく、良い音が出せました。
調律は友野さんなので、もう、安心してオマカセでした。

9月のゴロホフさんに続き、ウィハンさん達との演奏会も、難曲中の難曲で
いつも、毎日、夜通しの練習。
しばらく、まともに布団に入っていなかったので
今日は、これからゆっくり久しぶりに休もうか・・・と思ったのですが、どうも
なんだか、ハイテンションが続き(?!)目がランランとして
ブログを書くに至りました 

次回にのぞむ難曲はピアノ曲で、フランクの「プレリュード・コラール・フーガ」
これがまた、難しいのですが、良い曲なのです。
暗譜が思い切りたいへんなので、今のうちから頑張らないと!
本番は、12月です。きっと、あっという間に来るので
今日からまた寝ないで練習か?と思うと、とっても恐怖です・・・ 

ゴロホフさんとラフマニノフ5

be4d62d5.jpg2011年9月25日(日)
レオニード・ゴロホフさんとの演奏会が、無事、終了いたしました。
ご来場のお客様、そして、応援して下さいましたみなさまに、心から感謝申し上げます。

今回、共演をさせていただいた、ラフマニノフ作曲のチェロソナタは、あまりに音譜が多い曲(特にピアノ!)で、毎日、練習は死にそうでした(笑)が、死にそうになって頑張った甲斐があったようで、ご褒美に、いらして下さいました方々や、ゴロホフさんから、満面の笑顔をいただきました。本当に安心しました。

私はこの日、朝練に始まり、お昼過ぎに出かけました。ちょっとオシャレに・・・と思って、ハリキッテ新しい靴を履いて出かけました。・・・ら、予測どおり(?!)ちゃんとっ靴ずれがっ。帰る頃には足が痛くて、一歩足を踏み出すたびに死にそうでしたが、ちゃんと無事に家に辿り着きました。ま、それも良い思い出です!

リハーサルでは、ピアノのイスが、弾いているうちに、ずりずりと後方に滑ってしまったりしたので、ホールのスタッフに、イスの脚にビニルテープを貼ることを考案!・・・すると、ナント、なおりました!!
もうこれで、杉並公会堂小ホールのピアニストは安心?!

そして、19時ジャストに開演し、20時30分ころに終演。
ロビーでお客様を見送らせていただいた後、出演者&主催者で記念撮影!!
左から、国際芸術連盟の斎藤さん、ギターの岡田さん、チェロのゴロホフさん、そしてピアノのワタシです。

さ、今日からは、2週間後(10月9日)『ウィハン弦楽四重奏団』との演奏会準備開始です。ここ最近、ラフマニノフひと筋!!だったので、今度は、リストのピアノソロ曲とブラームスの五重奏で、毎晩、死にそうになっていることでしょう (笑)

『高津健康福祉まつり』 での出来事!3

去る日曜日(7月10日)は、溝の口にある「テクノかわさき」という場所で、津田山コーラスの方々の出番で、ピアノを弾いて来ました。
『高津健康福祉まつり』 という催し物の中での、コンサート出演です。

数日前にリハーサルで、この同じピアノを使った時に、ものっっっすごい音!のグランドピアノだった、というお話を少し前にブログに書かせていただきましたが、本番は

もっっっっっっっっっっっと凄かった!!!!!!! 

1曲目
ABBAの「Dancing Queen」 (なんとイキな曲を歌う平均年齢80歳近いコーラス!)
この、Cのコードをジャ〜〜ンと始めた途端、いきなり、ズッコケました

なんなんじゃ、この音はッ???
リハーサルに輪をかけて、さらにスゴイ事になっていました!!!
ま、ピアノ人生長いので、経験豊富?!
多少の事では、めげたり、焦ったりはしません。
弾くとしばらく鍵盤が上がってこないピアノで、ショパンのワルツとか「悲愴」を弾いた事もありました。
それに比べれば、屁のカッパ!!!

・・・ですが・・・
まぁそれにしても、なんと可愛そうな扱いのピアノ君
いつになったら、手入れをしてもらえるのだか・・・

肝心の「津田山コーラス」は、好評のうちに、無事、お役目を見事に果たしました!
終演後、ステージの小道具として使った“クロワッサン”のお裾分けをいただきました。
美味しかった〜

アートホール亀世(かめよ)にて4

71ae25bb.jpg6月6日(月)は、アートホール亀世でおこなわれました『リカレント・アカデミー』で、ピアノを弾き、歌を弾き語り・・・をして来ました。

このアカデミーは、アートホール亀世のオーナー荻野さんから依頼を受けて、秋山雅子さんが、企画をされたり、講座全体をコーディネートして下さっている講座です。栄えある「10回目」に、講師、という肩書き(?)で、出演をさせていただきました。

秋山さんには、車を駐車する際、1回で難所に入れた所「今まで、1回で出来た人は居なかった!」と、何故かたいへん褒められ(!)、私はビックリ&上機嫌。

さらに!
うん十年間、上がり下がりが出来なくて、高さ調節の出来なかったピアノのイスを修理して、上下自在に動くようにした所・・・「今まで、どのピアニストさんも、なおせなかったんです。スゴイ!すごい!」と、ものすごく喜ばれました!!
このイスの修理には、Oさん(おじぃちゃん)が、ものすごく手伝って下さいました。さらに、私が「クレ556」があれば・・・!と騒いだ(?)ので、秋山さんが気をきかせて下さったこともあり、向いの新聞屋さんが「クレ556」を提供してくださいました。すると、持って来てくださったお兄ちゃん(おじちゃん?)ごと、手伝ってくれました。

こういう時、何でも屋(事務も簡単な修理も組み立ても運転も運送もお任せ 「しまりす・よろず相談室」終日営業中?!)、というのは、役に立てることが多くて、喜ばれて嬉しい・・・!!!

何でも屋としては、あとは、ピアノを真面目に弾いたり、弾き歌いをしたり、コメントをしたり・・・
で、今回は、秋山雅子さんの朗読・新レパートリーとなっている『葬られたる秘密』(小泉八雲)もプログラムになっており、そのバックミュージックを作曲したのです。
コワ〜〜〜イ感じを出した、よくあるタイプの曲ですが、話の進行に合わせて作ってみました。
秋山さんのお話のテンポや、声色に良く合い、おぉ!バッチリ!!!みたいな出来で、かなり嬉しかったです。
話の結末は、コワ〜〜〜〜イというよりも、そうでしたかぁ〜〜〜みたいな終わりのお話なので、ブルブル寒くなることは無いのですが、やはりそこは“小泉八雲の怪談”
夏には、ピッタリ。

6月18日(土)14時から、この演目をしまりすミュージックホールで再演する機会があるのです。(詳しくは、しまりすのホームページを是非ご覧下さい)
チケット(25席)が、僅かな筈ですので、ご興味のある方は、すぐ(?)お問合せください。

さ。今日は、7月25日(月)におこなう『第2回くるみの会ワンダフルミュージックツアー』の「もも狩り」ツアー下見です。
もう朝ですが、早朝、出発です!!!

産婦人科へ行く!4

1ad9f098.jpg5月21日(土)
初めて、産婦人科、へ行って来ました!!!

と、本日23日(月)ミューザ川崎の市民交流室でおこなわれました『くるみの会』の第6回目のコンサートの中で言ったら
「え〜〜〜〜〜???」
と、ザワザワ。

まさか、まさかの、おめでた報告!??

ではありませんで・・・

産婦人科&小児科がある「愛和病院」という大きな病院での、大庭照子先生が15年間ずっと続けられて来られた、という大事なコンサートで、ピアノのソロ演奏のお時間をいただいていたので、はるばる車を快適に飛ばし 埼玉県は川越まで、行って参りました。

ショパンとドビュッシーを弾き、あと合唱の伴奏を2曲。

あまりにも充実した産婦人科で、綺麗で、感動してしまいました。
何しろ、ここずっと病院に行っていない!
特に、産婦人科は、お初の訪問場所なので、見慣れない雰囲気にキョロキョロ。
まるで、ホテルのようだ!
という感じで、私は、すっかり、おのぼりさん状態でした。

今回のコンサートは、15回目でいったん区切りをつけるそうで、最終回、という事でした。病院の方々も、この日のために『小さな木の実』を合唱で用意され、感動的な幕引きでした。最後に、病院から大庭先生への感謝の舞い(?)という感じで

よさこい

を踊られて盛り上がり、とっても楽しかったです。

で、その2日後にあたる本日23日に無事、楽しく終了いたしました『くるみの会』コンサートの様子報告は、また、日をあらためまして・・・

そうそう。
7月25日(月)にオリジナルで企画いたしました『もも狩り』バスツアーのお申し込み開始が、いよいよ明日24日(火)10時30分から開始です!!
先着順で45名様迄です。
いきなり、締切、という事にはならない筈ですが・・・
もも、の一番、美味しい頃をわざわざ狙ってこの日になりました。
グルメ&コンサート・・・の、しまりすツアー。
是非、ご一緒に行きましょう〜〜〜!!!
お待ちしております!!!

GW催し報告書4 (「タイタンたち」)4

df0c29e8.jpg5月3日(火祝)16時30分〜17時
花の東京は、丸の内っ!・・・オアゾの「○○広場」で、ピアノのソロ演奏をして参りました。

もうすっかり、ゴールデンウィークの風物詩となった、東京駅周辺でおこなわれる音楽の一大イベント!
『ラ・フォルネ・オ・ジャポン』

この催しの「エリアコンサート」という枠で、日墺文化協会を通して、昨年に引き続き、30分のソロ演奏をさせていただくことが出来ました。

当日は、電車が節電対策で本数が少なく・・・急行が来ない〜〜!!
目の前に、地下鉄がいない〜〜!!
・・・と、思いも寄らないほど、時間がかかってしまい・・・リハーサル予定時間を5分ほど過ぎて到着する!という、まるで余裕のあるヒト!みたいになってしまいました。余裕ナイのに・・・

そのため、行くなり、いきなり公開リハーサルが始まりました。
汗をかきかき、プログラムの最後から弾き始め、汗をかきかき、1曲引き終わるごと、気がつくと・・・本番と同じくらい、たくさんの方が周りにいらしてビックリ!!!

緊張の「ラ・カンパネラ」とか、ブラームスの「ラプソディ」とか、もう、リハーサルか本番か、わからない緊張感のある中のリハでした。

それもそのはず。今年のテーマは『タイタン(巨人)たち』
ブラームス、マーラー、リスト、R.シュトラウス、シェーンベルク
こちらの方々が、テーマとなっていたのです!!!

そうなると、ピアノは、やっぱり、ブラームスとリストでしょう・・・
単純すぎますが、そこに考えは行き当たり、無理して組んだ、このお二人のスペシャルプログラム。
フタを開けると・・・オアゾのビルでも、このお二人の特別展があった模様。
なんだか、的を射たようで、妙に嬉しい気持ちになりました。

とはいえです。
音楽が良い=素晴らしい=よく弾く、という事にはならないのが常。
やはり、故人とはいえ人間同士のおつきあい。相性とか理解とか、自分でその作曲家の求めている音が出せるか、とか、時には好みとか、そういうものも関わりますので、あまり弾かない作曲家、も多々あったりするわけです。
学生時代以来ご無沙汰・・・という作曲家もたくさん・・・。
ブラームスのソロ作品は、たま〜〜に取り上げましたが、リストは殆ど超有名な曲しか弾いていなかった(理由=私と性格やタイプが違いすぎる!?と思っていた!)ので、相当、今回はプレッシャーがあったわけです。

こういう無理難題なテーマをいただくと、普段よりも燃えるタイプ!?なので
まぁ本当は、自分への挑戦!という感じで、結構、喜んでおりましたが・・・
それにしても、今回は、まことに、タイタンでありました。
しかし、なんだか、迫力があって音も良く出るし合っているね・・・などなど、ショパンを弾くより褒められて、なんとも妙に複雑な気分・・・

しかしながら、この機会のおかげで、お客様との出会いや、新たな作品への意識や意欲、未知なる発見!なども出来て、本当にハッピーでした
また、演奏終了後に、義援金(被災地域で楽器を失った子供達に、新しい楽器を買ってあげるそうです)をお願いするメッセージをマイクを通して呼びかけたところ、とてもたくさんの方が、ご協力下さっておりました。
どうもありがとうございました。

・・・そんなこんなの『ラ・フォルネ・オ・ジャポン』
今年は、時期としては、発表会に展示会(他)
ちょっっっっっと、イベントが重なり過ぎて、演奏準備が夜中ばかりで、死にそうでしたが・・・!!!
乗り切れて万々歳、という事で、演奏後、贅沢で美味しい・・・=まことの美酒!をいただいて、ほろ酔い気分で楽しく帰宅いたしました

昨日は東京文化会館!5

0513d4d7.jpg3月30日(水)18時30分開演
『ラフィネ・ピアノリサイタル』
東京文化会館大ホールでの演奏会が、無事、終了いたしました。

日々、ご心配やご不自由のある中
上野にいらしてくださいましたお客様に
心より深く感謝申し上げます。

駆けつけてくれた中学時代の親友と終演後にパチリ♪ 

このようなご時世の中でしたが、演奏会には、たくさんのお客様がいらして
ステージに立った途端「こんなにたくさんいらしてくださっている!」と
弾く前に、本当に感激いたしました。

大きなステージ。伝統のある、そして、大変響きのよい東京文化会館大ホール。

心をこめて、また、この数日の間に起きた様々な出来事を想起しながら
演奏いたしました。

途中で、あれ?地震???というほど
グラグラ、っと揺れたような気がしたのです。
もしも、ここで地震があっても、逃げるよりも最後まで演奏を聴いていたい!
というような演奏が出来れば・・・と思っていたのです。

なんと、揺れていたのは、ワタシだけ・・・?! 
東京は、まったく揺れておりませんでした。 

実は、リハーサルの時、あまりにもピアノがスタジオのピアノみたいに、音が広がらなくて悪戦苦闘したので、主催の国際芸術連盟のスタッフにご相談した所、ピアノの位置を変更してくださいました。
すると、格段と良くなって、超〜〜〜ゴキゲン!!!
ピアノが良い音を出してくれるように豹変したので、それで、気持ちよく演奏できた!というのが、裏話であります。

なにはともあれ、大ホールで思いっきり音を好きなように奏でられたので、反省点や、あぁもっとこんな風に本番で弾けていたら・・・と思うことは多々ございますが、いつになく、一つ、事を成し遂げたような充実した気持ちで終了することができました。

東京文化会館大ホール。やはり、素晴らしく良いホール。
クラシックのメッカ!だけあります。
パンダちゃんにも、桜にも、今年はすべて、ふられてしまいましたが、もし、また機会がありましたら、そのときには、また、応援に駆けつけていただけましたら嬉しいです。


そうそう。
上野へは、電車を使って行きましたが、節電のため、駅も電車も、灯りが少なくて、まるで、外国にいるかのよう!と、感激しました。 
ヨーロッパとかの灯りは、今の東京か、それよりも暗いか、という感じ。それが、外国の実情。
日本は、明るすぎです。
もっと、自然光を大切にするようにして過ごせば、心が豊かになるに違いありません。
日本のいつもの風景も、灯りの度合いで、外国にみえて来るなんて・・・
不思議な嬉しい気持ちでした。 

『246クラシックコンサート in 高津』 終了〜!4

2月26日(土)
2月46日ではなく、2時、4時、6時に開演するコンサート。

でもなく、本当は、国道246号沿線で繰り広げるコンサート、という事で、タイトルが246、ということらしい・・・

真価のほどはわかりませんが、高津市民館大ホールでおこなわれましたコンサートが、無事、終了いたしました。

“気軽に50分のコンサート”

という事で、音楽監督は、箕輪響 先生です。

2時が、弦楽トリオ
4時が、声楽の世界
6時が、ソリストと管楽アンサンブル

という内容で、私は、4時と6時に出演いたしました。

《4時の部》では

★笹子まさえさんと・・・魔王(シューベルト)・鱒(シューベルト)・詩人トム(レーヴェ)・献呈(R.シュトラウス)・君を愛す(グリーグ)
★ピーノ松谷さんと・・・ラルゴ(ヘンデル)・マクベスのアリア(ヴェルディ)・カタリカタリ(カルディッロ)・君と旅立とう(サルトリ)
★お二人のデュエットで・・・花(滝廉太郎)

の、ピアノを弾きました。出ずっぱりの50分。
終了後、ロビーでお客様にご挨拶後、すぐに6時のリハーサル・・・。思い切り、お腹もすかせつつ、ぼぉ〜っとしているうちに、リハ終了?!

たまたま持っていた、アメを2粒、口にして、お水を飲んで、いざ、6時の本番へ。

ショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第1番。3・4楽章です。
一番下のラの音から、一番上のドの音まで、つまり、ピアノの鍵盤88鍵の、一番下から上まで、全部使う曲です。
なので、身体が下に振られたり、一番上に振られたり、足も踏ん張っていないと、椅子から落ちてしまうのです!!!

というのは、冗談ですが、実際、リハ中に、一番上の鍵盤を使うとき、足が滑って、ズリッとなり、まったく同じ音を繰りかえすので、思わず、そのズリッとなった時に、リズムを一瞬失い、結果、一小節、飛ばしてしまったりして・・・

いやいや、難しい楽しい速い曲で、最後は、アメリカの20世紀初頭の音楽みたいな部分もあり、全体は、ハイドンの背景もあり、楽しい作品でした。
この機会をいただけて、本当に、ハッピーです
いつか、全楽章を、フル・オケと共演してみたいな、と思いました

写真をいっぱい撮っていただいたのですが、自分のカメラでは、一枚も撮っていないので、ココに、掲載できないのが残念です。

奮闘中の演奏模様は、想像にお任せいたします?! 

1月19日(水)のステージ写真5

5d44b619.jpg1月19日(水) 杉並公会堂でのステージ写真を
秋山雅子さんが送ってくださいました。

芥川龍之介『秋』

上演中

新宿1丁目などへ行く!4

さて、新年“卯年”が始まって、早7日目。

日々、過ぎて行く中、4日(火)は、初外出!
今年の7月1日のホールを予約しに、朝9時までに、その現場へと行ったのですが・・・
借りたい日は・・・
「あいにくホールの行事で使用するにつき、ご利用不可です」
と、あっけなく断られ
新年早々、さっそく無駄足を踏み、トボトボと、ただ帰ってきたのでした。

続く5日(水)は、初レッスン。
しまりすのホール&レッスン室は、どこも、例のコンクール練習でふさがっているため、ご自宅へお伺いして来ました。私の選んだスタインウェイ・ピアノが入っているお家です。1年ぶりにご対面し、前より良く鳴っていて、感激いたしました 

そして・・・

初詣。「琴平神社」へと行って参りました。
そうそう!! 今年も、厄除けなどをされる方々の待合室に、ウッドバーニング作品を飾って下さっているのです。しまりすのアートクラブの方々と私を含めて、4名の作品が5点。
『海辺にて』を展示中!!

&その後、通常の水曜日組のレッスンをおこないました。

明けて6日。初めて、シャバへ・・・。新宿1丁目。厚生年金会館のそば。
お世話になっている音楽事務所「国際芸術連盟」へと行って参りました。

1月19日(水)杉並公会堂・小ホール 19時開演「紡ぎあう言葉と音楽」

というコンサートの合わせです。
秋山雅子さんの朗読で、服部和彦先生(会長)作曲の音楽でおおくりする
 芥川龍之介『秋』
この作品の、ピアノを担当いたします。
「いつも、どこか哀しみの陰を感じさせて弾いてくれれば・・・それだけね」と
服部先生からアドヴァイスをいただき、先生の立ち会いのもと、合わせをいたしました。
グッド!です。グッド!!!

秋山雅子さんが、ブログで、その日の様子を載せてくださいました。
http://aromavoice.at.webry.info/
ぜひ、ご覧下さい。

そして、七草がゆの本日は、女声コーラス「コーロモナミ」の初練習も始まり、川崎の日航ホテルでおこなっているカルチャースクール「ウッドバーニング講座」もスタートしました!!

明日は「コールしまりす」の練習はじめ。

そのようなわけで、どんどん2011年も本格始動です!

新年の手帳も、ちゃんと書き終わりまして・・・12月まで、すでにビッチリです
ここに、楽しいとか、嬉しいとかの予定が、新たにたくさん入ってくるのを楽しみに、元気に過ごして行きたいと思います。 

うさぎ年。頑張りましょう!!! 

いつのまにか月末を迎え・・・4

7a64eb84.jpg秋たけなわ・・・とか言っている間に、ついに、29日まで来てしまいました。
枯れ葉の美しさは、ココ、王禅寺のあたりも、観光地に負けず劣らず、見応えがあります。
(と言っても、ほとんど、外に出ていないのですが・・・

さてさて、五反田でおこなわれていた『ウッドバーニング協会・関東支部作品展』の最終日の打ち上げに始まり(車だったので、アルコール抜き!で参加いたしました)、色々と忙しく、立川に出たり、渋谷に出たりしながらも
演奏準備・怠りなく(!?)、25日~27日迄のバッハ&ベートーヴェンのチクルス(=連続)演奏会を無事に終え、28日は、迫本章子さんの初CD『Arioso』発売記念コンサートをたくさんの方に見守られながら、終了いたしました!!!

25日は、なんと、日本のバッハの第一人者でもあり、カンタータを全曲!翻訳をされるなど、様々な偉業を成し遂げられております杉山好(よしむ)先生を、Y様がお連れくださいました。
ものすごく、暖かなお人柄の先生で、現在82才、とのことですが、現役バリバリです!!!
楽しいお話をたくさんしてくださり、Y様より、先生の貴重なる本も、頂戴いたしました。

27日は「チクルスってどういう意味なんですか?」という質問を受け、連続したり全曲を演奏したりする事です、というお話をさせていただいたのですが、何語だろう?という疑問を持ち、よく見たら、ドイツ語でした。チクルス、ぢゃなくて、ツィクルス、と発音したほうが、正しい事もわかり、なるほど、と賢い気分になった演奏会でもありました。

28日の迫本章子さんとの演奏会では、めったに話せない制作秘話を暴露しておこう!という事で、ジャケットについての話をさせていただきました。
そうしたら、演奏会終了後のサイン会で「ジャケット!素敵ッ!」とたくさんの方から言われて、ニコニコして気分も最高~

このジャケット(ブックレット、CD帯、CDケース、その内側、そして、盤面の5種類)は、ピアノの練習よりも、遙かに長い時間、イラストレーターとフォトショップに日々奮闘。目をパソコンで真っ赤にしつつ、理想の形にするための努力の日々!!!の上に完成した大切なものでしたので、ピアノを演奏した時にも、アルバムジャケットが目に浮かび、感激に胸を熱くしておりました


というわけで、11月もあと2日間。
予定がメジロ押しの12月に向けて、全力でがんばりマス 


★★以下、メジロが押している12月上旬の予定★★

12月 4日(土)津田山コーラスの伴奏(高津ノクティホール)
12月 6日(月)大庭照子「うたの教室」&「くるみの会」演奏会(ミューザ市民交流室)のハシゴ!
12月12日(日)「しまりす一般募集コンサート」は司会と伴奏お二人分
12月13日(月)「ショパン生誕200年山口昌子ピアノコンサート」(高津ノクティホール)

と、そのような感じです。打ち合わせとか、リハーサルもバンバン入って毎日スゴイ事になりそうですが、楽しく頑張っておりますので、是非、お出かけくださいませ

海外ツアーまとめ5

998cb5e9.jpg9月中にまとめるつもりが・・・
日付が、10月になっているではありませんかっ!!!!! 

それも、珍道中〜らしい海外ツアーの楽しさそのもの!
のような感じです。

写真をまとめてみました。
上段が、チェコの演奏会。下段が、ワルシャワの演奏会。

左から、会場全体、リハーサル風景、アラカルト、です。

帰国してから、パソコン作業が多くて、ピアニストはどこへ???
どこを捜しても行方不明ですが・・・
この10月からまた、頑張ります!!!

なんといっても、食欲の秋っ!
じゃないですね。
芸術の秋っ!!!

全国童謡サミット in よこはま 20103

cedc0e0f.jpg8月5日と6日。神奈川県庁の斜め向かいにある「横浜市開港記念会館」でおこなわれました
『全国童謡サミット in よこはま 2010』に参加いたしました。

大庭照子さん館長の、NPO日本国際童謡館かながわ主催のサミットで、今年が2回目。その2回目に初参加です。

長野県や広島県などから駆けつけて歌われた合唱の方々、幼稚園児、親子共演、地元の方など、たくさんの団体の方々が参加され、ゲストコーナー、シンポジウム、パネルディスカッションなど盛りだくさんで、両日とも、約4時間にわたる催しでした。

我ら、コールしまりすさん達も、なんと6日に、参加団体の1つとして出演し「浜辺の歌」「箱根八里」「桜の花が満開です」の3曲を歌ったりして参りました。
歌っている最中の素敵な写真もありますが、私が買ってきた事を、団員さんのほとんどは知りません(ここで言っておくと、少し広まる?!)。
そういう事なので、ナイショですから、その写真じゃなくて、6日にゲストとして、ピアノを弾かせていただいたので、その時のピアノソロ演奏中の写真をお披露目。

弾いている最中の写真などは、ほとんど撮ってもらえないので、かなり貴重〜!

このゲスト演奏では、マズルカ、革命、トロイメライ、きらきら星変奏曲、の4曲を弾きました。
その他、伴奏で4回ほど出たり入ったりを繰り返し、時間があると、楽屋でウォルナッツ(しまりす演奏週間で、12日&13日に公演です!)で演奏する曲の“歌”の暗譜をしたり、英語の歌詞の練習をしたり・・・!!
なんだか、ずっと、大忙しでした。 

前日の5日は、出番が伴奏で2回だけだったので、プチ昼寝も(!?)

さらに、6日は、演奏会だけでなく、その後、川崎駅前カルチャースクールの「ウッドバーニング講座」も第1週目金曜=講座があったので、終了後は、親睦会を抜け出して、急ぎカワサキへ!
高速道路をぶっ飛ばし(いや、そうでもない)・・・
連絡はしておりましたが、途中、混んだりして、30分も遅刻して到着。
生徒さんのHさん。
嬉しい・・・!!! ちゃんと、待っていてくれました!!!!!

などなど、色々ありましたが、そうして、童謡サミット2Days。無事、終了いたしました。
来年は「童謡コンクール」も同時開催されるようで・・・
なにしろ、色々、次々とスゴイ事になって来ております!
覚悟をしておかないと!

さ。日曜日は、先日レコーディングを済ませたチェロの迫本さんとの編集作業をエンジニアの高橋さんと一緒におこないます。
10月発売、という段取りで進めているので、必死です!

さらに、9月に出発のチェコ&ポーランドツアーの部屋割り中です。おまけに、ツアーTシャツを作ろう!と思っているので、そのデザインも始めました。
(練習中、とか書けると良いのですが・・・ホホホ!)

で、火曜日からは、演奏週間。・・・激練しないと!!!

う〜〜ん。色々、色々、メジロ押しですが、夏の暑さもなんのその。
8月生まれ。元気に、楽しく頑張っております。 

怒濤の本番を乗り切り・・・!4

628e595c.JPG15日(土)から続いた22日(土)までの、本番責め!の毎日が、それぞれ、楽しく嬉しく終了いたしました。

大庭照子先生との「歌の教室」では、必ず1曲、クラシックのピアノ作品を弾く習慣が出来て・・・
昨年、初めてこの教室が始まった時に、1曲弾かせていただいたのをきっかけに、なぜか、恒例になってしまい・・・
19日は、歌のお時間も終了に近くなり、今日は無いか?と思われる5分前
「それでは、山口さん。今日も一曲・・・!」と明るい大庭先生の声!
それを聞き、ギョッとした私!

安心していたところへ急に来たので、ぎゃぁ〜っ!という心境〜!。
とっさに思いつきで「じゃぁ、今日は子守歌が多かったので、夜の曲で『月の光』を・・・」と口走ってしまったので、それを弾く事に・・・。

久しぶりだったので、ドキドキでしたが、なんとか無事終了〜!
いやいや、焦りましたっ! 


そして、21日は、パートナーシップかわさき主催の「音楽喫茶 in なかはら」

練習を休んで(無理矢理、休みになった感もありますが・・・?!)来て下った“コーロ・モナミ”の方々が団体様!で駆けつけて下さったこともあり、定員20名びっちりの中、全22曲を楽しく歌いました。
45分間の前半。25分間のお茶タイム。16時の終演。
まるで、生放送の番組のように、ピッタリ!ピッタリ!ピッタリ!過ぎて、恐ろしいほどの、時間通りの進行〜〜〜!

決めていたわけではないのですが、あまりにも、バッチリで、我ながら感動〜!
いやはや、音楽喫茶のナビゲーターは初体験ですが、とっても楽しく出来ました


そして、22日は、ソロで20分間演奏。
生誕記念の作曲家・アルベニス、シューマン、ショパンがそろい踏み!
のプログラムをして出演いたしました。
このホールは、音もピアノも良いので、バラード第1番などは特に、弾いていて、新たな発見というか、感化されて弾く事が出来て、貴重な一日となりました。
環境によって、演奏は変われるので、外での演奏会は貴重な機会なのです。

写真は、その、HAKUJUホールに駆けつけて下さった素敵な方々とパチリっ!


この終演後に、ウッドバーニング協会主催の『コンテスト巡回展』を観に、五反田のギャラリーに寄り道して来ました。
その後のお話は、また、後日・・・
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ